東京、恵比寿・渋谷の自爪治療、自爪育成ネイルケア®・マニュキュア専門サロンならグランクール

tel. 03-5467-1535

〒150-0011
東京都渋谷区東2-27-4 エビス東ハイツ第一405

呟き爪講座Lecture

2019.03.12フレンチネイルについて

大人気の定番、フレンチネイル。

なぜ、フレンチネイルと呼ばれているの?

今や、デザインネイルの定番中の定番ともいえる、フレンチネイル。ベースカラーは、クリアーやヌードカラー、淡いピンクやベージュ。爪先にマットな白で、ちょうど爪が伸びて白くなっているところに少しアールをつけたシンプルなデザインです。

では、何故フレンチネイルと呼ばれているのでしょうか。

これは、その昔、アメリカ人ネイリストが、綺麗に爪を磨いていたフランス人の爪をみて感動したそうです。そのフランス人の爪がピンクの部分(爪床)と白い部分(爪先)がクッキリ分かれていて、ただ磨いているだけで美しかったと。

自爪のありのままのナチュラルな美しさを見せつつ、シンプルで、洗練されたデザインであるフレンチネイル。

フランス人女性のオシャレの理念の根底にある、ナチュラルで健康的であることが一番素敵、という美意識からきているかもしれませんね。

フランス人女性のナチュラルで美しい爪に憧れと羨望をもって
アメリカ人ネイリストがフレンチネイルと呼んだことが名前の由来だそうです。

グランクールのネイルケアは、自爪を健康で丈夫に美しくするお手入れです。

自爪が美しければ、たとえベースコートだけでも、その自爪は、淡く艶やかなピンク色に輝き、爪先は美しい乳白色となり、まさに、天然、ナチュラルネイルのフレンチネイルが完成するでしょう。

自爪が健康になり、美しい弧を描いたかたちになれば、長さを出すこともたやすくなり、インパクトのある、爪先がマットの白やゴールド、あるいは、黒、赤、ショッキングピンクなど様々なカラーのフレンチネイルバリエーションを楽しむこともできるでしょう。

シンプルで上品、無駄のない、そぎ落とされたデザインですから、大胆なカラーを用いても、上品さを保てる鉄板のデザインです。

服も選ばず、飽きもこない。
また、TPOも選ばず、どんなオケージョンにも、添ってくれるフレンチネイル。

もちろん、男性受け、目上の方受けもバッチリです。

さらに、爪先がベースカラーを含めて、4度塗りになっているため、爪先の補強にもなり、一挙両得です。

美しく健やかな自爪にフレンチネイル。

グランクールのネイルケアとともに、完成されたフレンチネイルとそのバリエーションを是非是非お試しください。ね。

短い爪にも長い爪もまた、平たい爪も、グランクールの技術者たちが、あなたの爪が最も美しくみえるフレンチをご提案いたします。

是非是非一度ご相談ください。

フレンチネイルについてフレンチネイルについて④